オースチン日本語補習授業校

学校概要
 学校設立の趣旨
 本校は、当地に在住する学齢にある児童・生徒が、帰国後日本の教育環境に適応できるよう、すべての学習の基礎となる国語(日本語)を中心とする教育を行 うことを目的とする。また、在米邦人子弟、あるいは日本語による授業が理解できる児童・生徒に対し、日本語力を保持・発展させ、かつ日本に対する知識・理 解を深めるための教育を行う。

 学校名 日本語名:オースチン日本語補習授業校
        英語名:  Austin Japanese School

 学校所在地
 O. Henry Middle School
            2610 West 10th St. Austin, TX 78703 

 郵便物送付先  Austin Japanese School 11900Jollyville Rd. #200841 Austin, TX 78720

 設置者:オースチン日本語補習授業校運営委員会(オースチン在住有志)

 教育目標:自主的で、生きる力に溢れた、調和の取れた人間の育成
 1.自ら学び、考える、意欲的な子供の育成
 2.良いこと、悪いことが適切に判断できる子供の育成
 3.相手の立場に立ってものを考える、思いやりのある子供の育成

 教育方針:本校の教育目標に到達するための、教育方針はそれぞれ以下の通りである。
 1. 高度な思考を可能とするために、思考の基となる基礎言語(母国語=日本語)による国語教育を最優先させる。授業は海外子女用に定められた日本の検定済み教 科書を用いるが、時間の制約上、内容を厳選し、作文・読書・書写にも力を注ぐこととする。日本と同程度の授業時間数を確保することが困難なため、家庭学習 は必須である。本校の年次指導計画は、家庭学習(宿題)を前提に立てられる。
 2. 国語科には、新指導要領(文部省告示第175号・176号;平成14年4月1日施行)で提唱された「総合的な学習の時間」の意味をも持たせ、道徳教育内容を適宜取り入れる。
 3. 言語における国際性のみならず、民族間の文化・習慣の相違・類似を理解し、尊重する態度を養う素地として、本校においては国語科の中に、日本文化(風土・習慣・歴史・芸術)の内容を適宜取り入れることとする。

 学校運営方針:日本語を話す環境の下で子供たちが友情を育む場となるよう、温かみのある学校運営を目指す。
 1. 非営利を基本とし、教育本来の目的のみに従事する。(2001年2月5日付でテキサス州によって非営利法人の認可を受けた。また、2002年4月1日付で外務省、文部科学省より補習授業校として正式に認定された。)
 2.いかなる差別も行わない。
 3.主としてボランティアによる学校運営委員会により運営されるが、それを成立させるのは、児童・生徒、保護者、教師、学校運営委員会相互の信頼と協力である。各人がそれぞれの立場で運営に取り組み、楽しく、安全で、教育効果の高い学校づくりを目指す。
  ① 児童・生徒は、学校のきまりを遵守し、自らの勉学に努めることが求められる。
  ② 保護者は、学校運営に対する協力がきわめて重要である事を理解する。例えば、運営委員、行事の実行委員を順次引き受け、授業補助、警備等のボランティアを義務とする。つまり、授業料さえ納めれば後は学校任せでよいということではない。
  ③ 教師は、児童・生徒の個性を重んじ、本校の教育方針に沿った計画的な授業を展開する。
  ④ 学校運営委員会は、別に定める運営規則に従って、学校を運営する。
 4. 児童・生徒が帰国後、日米の学校生活習慣の違いから来る感覚の不一致を軽減するため、日本的な生活習慣に即した学校規則を制定する。
 5. 時間の許す範囲で、日本の学校と同様の学校行事を執り行う。
 6. 授業・行事ともに、児童・生徒の負担にならぬよう配慮する。
 7. 義務教育に相当する児童・生徒を教育することが目的であるが、保護者の要望があり、学校環境が整い、運営委員会の承認を受ければ、幼稚園部・高等学校部を併設することができる。

 授業
 1. 学期:3学期制   ※但し現地校の夏期休暇中には夏期集中講座を設けることもある
     4月1日~7月31日 8月1日~12月31日 1月1日~3月31日

 2.授業日総数:38日(38週)※新年度に年間授業日程表を配付する

 3.教科と年間授業時数(前出新指導要領で定められた日本国内授業時数との比較)
 ※文部科学省で定められた一単位時間は小学校で45分、中学校は50分であり、本校の授業単位時
  間をそれらに換算して表示した。


 小1 小2 小3  小4 小5 小6
 国語 114(306) 114(315) 114 (245) 114(245) 114(175) 114(175)
算数  38(136)  38(175)  38(175)  38(175)  38(175) 38(175)


中1 中2 中3
 国語 102,6(140)  102,6(140) 102,6(105)
 数学  34.2(140) 34.2(105)  34.2(140) 


 4.曜日・時間(時間割表):  土曜日  (算数は選択制)
朝の会(算数) 8:00~ 8:05 ホームルーム
0時間目 8:05~ 8:50 算数
朝の会 9:00~ 9:10 ホームルーム
1時間目 9:10~ 9:55 国語
2時間目 10:05~10:50 国語
3時間目 11:00~11:45 国語

 5.教科書
 小・中学生は、海外子女用として定められた、文部科学省検定済みの教科書を使用する。ヒューストン総領事館に在留届を提出している新入生(長期滞在者の 子弟で、学齢相当の者)及び二重国籍で学齢にある新入生は、総領事館に申請し、入手すること。(無償、但し送付代金負担)永住者及び日本国籍を保持しない 新入生は、総領事館に申請し、入手すること。(有償)これから日本を出発する新入生は、海外子女教育財団を通じ、日本国内で入手すること。(無償)既に本 校に在籍している児童・生徒については、本校が一括して入手する。(無償、但し送付代金負担。永住者及び日本国籍を保持しない在籍者は有償。)

 6. 副教材
 教員が選定し、運営委員会の決裁を受けた副教材を適宜使用する。副教材費は、実費を別途徴収することとする。

 7. 指導内容
 各学年・教科の目標は、新指導要領に準じる。教育課程は本校の教育方針に沿ったものとする。各学年担当教員が作成し、運営委員会の承認を受けて実施する。

 8. 休校日
 通常、現地校の休みに合わせて休校日を設定する。即ち、原則としてサンクスギビングの週・スプリングブレイクの週は、休校とする場合もある。各年度の休校日は、年度始めに配付する年間授業予定表に従う。

 9.臨時休校
 悪天候や伝染病などのため、校長あるいは運営委員会が特に必要と認め、運営委員会の承認を得たときは、臨時休校とすることができ
る。臨時休校の措置をとった場合は、状況の許す範囲で振り替え授業を行う。年間授業日数が35日を下回った場合は、必ず振り替え授業を行う。(※35日は、補習校認定に関わる日数である)   

 10.年間行事予定:運営委員会あるいは校長が発案し、運営委員会の承認を得た行事を行う。
※授業参観は学期に一回程度とするが、保護者の要望がある場合、各教師の承認を得て行うこともある。


 本校の沿革
2000年   9月 9日 開校(校長:テキサス大学教授 宇田川猛, 運営委員長:東京エレクトロン 平井雄一郎)
(在籍者数34名・教員5名・幼稚園年中から中1まで5クラス)
  9月16日 ヒューストン日本国総領事館・竹元総領事及び重田領事来校
 10月14日 臨時総会-学校要綱・運営委員会規約等書類承認(宇田川校長・顧問河田氏・同高尾氏来校)
 12月16日 クリスマス会(宇田川校長夫妻来校)
2001年   1月 6日 「小1準備クラス」開設(同年3月までの期限つき)(教員6名・6クラス)
  3月31日 終業式・卒園式・ピザパーティー
  4月 7日 第一回入園・入学式・始業式(宇田川校長・顧問澤田氏出席)
(在籍者数45名・教員6名・幼稚園年中から中2まで6クラス)
  4月14日 定期総会
 10月21日 運動会(宇田川校長夫妻、来賓として顧問澤田氏、日本人会会長近藤氏出席)
 12月15日 クリスマス会 (宇田川校長夫妻来校)
2002年   2月16日 臨時総会-新運営委員承認
  3月30日 第一回卒園・卒業・終業式 (宇田川校長夫妻、来賓として日本人会会長近藤氏出席)
  4月 1日 外務省、文部科学省より補習授業校として正式に認定
  4月 6日 第二回入園・入学・始業式(宇田川校長夫妻、来賓として日本人会副会長佐々木氏出席)
(在籍者数72名・教員8名・幼稚園年中から中2まで8クラス)
  4月20日 定期総会
  7月21日 ヒューストンとダラスの校長先生による現地採用講師向けの巡回指導研修会
  7月26~28日 桜井先生がオーランド補習校主催の北米南部地区補習授業校現地採用講師研修会に参加
  8月31日 講師と運営委員がヒューストン補習校訪問・授業見学。補習校事務所、図書館訪問
  9月28日 文部科学省による在外教育施設巡回指導(派遣教師による授業参観、模範授業、授業研究)
 10月 5日 校舎移転(AACCからNYOSへ)
 10月13日 運動会(宇田川校長夫妻、来賓として日本人会会長坂田氏、橋爪氏出席)
 10月19日 クラス編成変更(複式クラス1つ削減、生徒数75名 教員9名 幼稚園年中から中2まで9クラス)
 10月26日 幼稚園カリキュラム委員会発足。新年度からの年中、年長のカリキュラムを作成開始
 11月16日 ジョン万次郎日米草の根交流プログラムの訪問を受ける
 12月 1日 教務主任制度採用、講師間会議はじまる。校長先生の職員会議参加開始
 12月21日 クリスマス会(宇田川校長夫妻来校)
2003年  1月18日 臨時総会-任期途中での運営委員長交代 新年度運営委員承認
 2月22日 オープンハウス-新年度幼稚園児の体験入園、学校説明会
 3月29日 第二回卒園・卒業・終業式 (宇田川校長夫妻出席)
 4月 5日 第三回入園・入学・始業式(宇田川校長夫妻、来賓として日本人会より野口氏出席)
(在籍者数90名・教員9名・幼稚園年中から中3まで9クラス)
 4月12日 定期総会
 6月14日 桜井先生、大三川先生、ローズ先生によるダラス補習校見学
 7月19日 伊与田先生がテネシー補習校での近隣補習校研究会に参加
 8月14日 ホームページ開設 (www.austinjs.org)
 10月 1日 事務局開設、事務員採用
 10月 4日 池田千鶴子氏によるハープ演奏会
 10月 9日 校章決定(投票により3年生担当のホーランド先生の作品が選ばれる)
 10月19日 運動会(宇田川校長夫妻出席)
 10月24-25日 桜井先生、齋藤運営委員長が全米日本語学校会議に参加
 11月 1日 齋藤運営委員長によるヒューストン補習校訪問
2004年  1月17日 新年会(宇田川校長夫妻来校)
 2月14日 臨時総会-新運営委員承認ほか
 2月21日 オープンハウス-新年度幼稚園児の体験入園、学校説明会
 3月27日 第三回卒園・卒業・終業式(宇田川校長、来賓として日本人会より伊集院氏出席)
 4月3日 第四回入園・入学・始業式(宇田川校長出席)
(在籍者数86名・教員9名・幼稚園年中から中3まで9クラス)

1時間の授業時間を5分ずつ延長、終業時間を11:40とする。
幼稚園授業料改定
 4月17日 定期総会
 7月23~25日 ホーランド先生がグリーンビル補習校主催の北米南部地区補習授業校現地採用講師研修会に参加
 7月24日 ヒューストン補習校の派遣校長による現地採用講師向けの巡回指導研修会
 8月14日 偶数月最初の土曜日に授業料2ヶ月分徴収開始
 9月26日 運動会(宇田川校長夫妻、日本人会より宮地氏出席)
 10月23日 チャリティバザー
 11月13日 日本人宇宙飛行士土井隆雄氏講演会(宇田川校長夫妻、UT教授小松夫妻来校)
2005年  1月15日 新年会(宇田川校長夫妻出席)
 2月12日 臨時総会-新運営委員承認ほか
 2月19日 オープンハウス-新年度幼稚園児の体験入園、学校説明会
 3月26日 第四回卒園・卒業・終業式 (宇田川校長出席)
 4月2日 第五回入園・入学・始業式(宇田川校長、日本人会より宮地氏出席)
(在籍者数99名・教員10名・幼稚園年中から中3まで10クラス)
 4月16日 定期総会
 7月29~31日 ハートウィッグ先生とシュースター先生がエリザベスタウン補習校主催の全米南部地区補習授業校現地採用講師研修会に参加
 8月13日 避難マニュアル作成・新警備体制導入
 8月27日 ヒューストン補習校の派遣校長による現地採用講師向けの巡回指導研修会
 10月2日 運動会(宇田川校長夫妻出席)
2006年    1月14日 新年会(宇田川校長夫妻出席)
   2月11日 臨時総会-新運営委員承認ほか
 2月18日

新入園児オープンハウス-新年度年中組入園希望者の学校説明会および面接試験

 3月25日

第五回卒園・卒業・終業式(宇田川校長夫妻、日本人会より中石氏、中安氏出席)

 4月1日

第六回入園・入学・始業式(宇田川校長夫妻、日本人会より吉田氏、廣谷氏出席) (在籍者数94名・教員10名・幼稚園年中から中3まで10クラス)

 4月15日 定期総会
 7月28日~30日 オースチンにて全米南部地区補習授業校現地採用講師研修会を主催。オースチン補習校講師10名全員参加。
 10月1日 運動会(宇田川校長夫妻、日本人会より野上氏出席)
2007年  1月13日 新年会(宇田川校長夫妻出席)
 2月10日 臨時総会-新運営委員承認
ピアノ演奏者三牧可奈氏・クラリネット演奏者佐々木麻衣子氏による演奏会(宇田川校長夫妻出席)
 2月17日 新入園児オープンハウス-新年度年中組入園希望者の学校説明会および面接試験
 3月31日

臨時総会-休み時間5分延長承認他
第六回卒園・卒業・終業式(宇田川校長夫妻、日本人会より向井章氏出席)

 4月7日

第七回入園・入学・始業式(宇田川校長夫妻、日本人会より野上啓氏出席) (在籍者数113名・教員11名・幼稚園年中から中3まで11クラス)

 4月14日 定期総会
 8月11日 小2クラス人数の増加のため1クラス増設
 8月3~5日 橘田先生と日隈先生がオーランド補習校主催の全米南部地区補習授業校現地採用講師研修会に参加
 8月18日 ダラス補習校の派遣校長による現地採用講師向けの巡回指導研修会
 10月21日 運動会(宇田川校長夫妻、日本人会より星名氏出席)
 10月27日 臨時総会-校舎移転・授業料改定についての話し合い
 11月10日 臨時総会-校舎移転・授業料改定・運営委員任期変更承認他
 12月15日 バイオリン演奏者安藤 里紗氏とピアノ伴奏者スティーブン・ケニストン氏による演奏会(宇田川校長夫妻出席)
2008年  1月5日 校舎移転(NYOS から O.Henry Middle School へ)
 2月9日 臨時総会-新運営委員承認
 2月16日 新入園児オープンハウス開催-新年度年中組入園希望者の学校説明会および面接試験
 2月23日 新年会(宇田川校長夫妻出席)
 3月22日 臨時総会ー副担任制度承認他
 3月29日 第七回卒園・卒業・終業式(宇田川校長夫妻、日本人会より高島謙介氏出席)
 4月5日 第八回入園・入学・始業式(宇田川校長夫妻、日本人会より木村仁氏出席) (在籍者数113名・教員12名・幼稚園年中から中3まで11クラス)
副担任制導入
 4月12日 定期総会
 5月22日 臨時総会 新運営委員承認他
 7月25~27日 ローズ先生とダフィ先生とハートウィッグ先生がリッチモンド補習校主催の全米南部地区補習授業校現地採用講師研修会に参加
 8月23日 ダラス補習校の派遣校長による現地採用講師向けの巡回指導研修会
 9月13日 休校 (O.Henry Middle School が ハリケーンの避難者を受け入れるたため校舎使用不可)
 9月20日 臨時総会ー新運営委員承認、古本市
 10月26日 運動会(宇田川校長夫妻、日本人会より江村氏出席)
 12月15日 オースチン大学准教授小松英一郎氏による特別授業「宇宙の不思議」(宇田川校長夫妻出席)
2009年  1月24日 新入園児オープンハウス-新年度年中組入園希望者の学校説明会および面接試験
 1月15日 小1担任西田和世先生逝去
 1月31日 新年会(宇田川校長夫妻出席)
 2月9日 臨時総会-新運営委員承認
 2月7・14・21日 4時間授業-休校になった9月13日の振り替え授業
 3月28日 第八回卒園・卒業・終業式(宇田川校長夫妻、日本人会より阿多弘康氏出席)
 4月4日 第九回入園・入学・始業式(宇田川校長夫妻、日本人会より瀧上昇平氏出席) (在籍者数120名・教員12名・幼稚園年中から中3まで11クラス)
 4月11日 定期総会
 8月29日 臨時休校(H1N1インフルエンザ感染者が出たため、当日の授業、放課後の現地採用講師向け巡回指導研修会中止)
 9月19日 バザー・古本市
 11月8日 運動会(宇田川校長夫妻、日本人会より森山幸平氏出席)
2010年  1月23日 新年会(宇田川校長夫妻出席)
 1月30日 新入園児オープンハウス開催。新年度年中組入園希望者の学校説明会および面接試験。
 2月9日 臨時総会 新運営委員承認、授業延長導入案可決
 2月20日 オースチン大学准教授森川均氏による特別授業「頭がよくなる話」(宇田川校長夫妻出席)
 3月20日 8月29日の振り替え授業
 3月28日 第九回卒園・卒業・終業式(宇田川校長夫妻、日本人会より原田憲之氏出席)
 4月3日 第十回入園・入学・始業式(宇田川校長夫妻、日本人会より本田 孝次氏出席) (在籍者数122名・教員12名・幼稚園年中から中3まで11クラス)
選択制算数・数学クラスの試験導入(在籍者数42名・教員3名・小1-小3まで3クラス、勉強会2クラス)
医療マニュアル導入
 4月10日 定期総会
 7月30~
8月1日
安田先生とハートウィッグ先生と片岡授業延長委員がサンアントニオ補習校主催の全米南部地区補習授業校現地採用講師研修会に参加
 8月28日 ヒューストン補習校の派遣校長による現地採用講師向けの巡回指導研修会
 9月18日 古本市
 10月17日 運動会(宇田川校長夫妻、日本人会より本多孝次氏出席)
2011年  1月22日 創立十周年記念特別行事ー日本人宇宙飛行士若田光一氏講演会ー「国際宇宙ステーション 長期滞在に参加して」(宇田川校長夫妻出席)
 1月29日 新年会(宇田川校長夫妻出席)
 2月5日 来年度授業延長についての保護者説明会、新入園児オープンハウス-新年度年中組入園希望者の学校説明会および面接試験
 2月12日 臨時総会-新運営委員承認、授業延長案否決
 3月26日 第十回卒園・卒業・終業式(宇田川校長夫妻、日本人会より本多孝次氏出席)
    4月2日 第十一回入園・入学・始業式(宇田川校長夫妻、日本人会より箕輪 崇(みのわ たかし)氏出席) (在籍者数119名・教員11名・幼稚園年中から中3まで11クラス)
選択制算数・数学クラス試験導入継続(在籍者数49名・教員4名・小1-小4まで4クラス、勉強会2クラス)
    4月9日 定期総会
     6月11日 宇田川校長、講師、運営委員、授業延長委員他、ヒューストン日本語補習校「公開研究授業等発表会」に参加
    7月29~
31日
橘田先生と椎橋先生がニューオリンズ補習校主催の全米南部地区補習授業校現地採用講師研修会に参加
    9月17日 ヒューストン補習校の派遣校長による現地採用講師向けの巡回指導研修会
     10月8日 古本市
    10月16日 運動会(宇田川校長夫妻、日本人会より山口氏と山本氏出席)
    11月12日 臨時総会(2012年度より算数・数学を正式に選択制の指導教科とすることを承認)
    12月17日 徳本ご夫妻によるチェロ・コントラバス演奏会(宇田川校長夫妻出席)
2012年  1月21日 新年会(宇田川校長夫妻出席)
    2月4日 臨時総会-新運営委員承認新入園児オープンハウス
     3月10日 臨時総会-2012年度より授業料改定
 3月31日 第十一回卒園・卒業・終業式(宇田川校長夫妻、日本人会より山本俊太郎氏出席)
      4月7日 第十二回入園・入学・始業式(宇田川校長夫妻、日本人会より山本俊太郎氏出席) (在籍者数136名・教員11名・幼稚園年中から中3まで11クラス)
選択制算数・数学クラス正式導入(在籍者数67名・教員5名・小1-小5まで5クラス、勉強会4クラス)
    4月14日 定期総会
     6月9日 宇田川校長、講師、運営委員他、ヒューストン日本語補習校「公開研究授業等発表会」に参加
    7月20~
22日
武内先生と林先生がニューポートニュース補習校主催の全米南部地区補習授業校現地採用講師研修会に参加
    9月15日 ヒューストン補習校の派遣校長による現地採用講師向けの巡回指導研修会
    10月6日 古本市
    10月21日 運動会(宇田川校長夫妻、日本人会より豊福力也氏出席)
2013年  1月19日 新年会(宇田川校長夫妻出席)
     1月26日 新入園児オープンハウス 
    2月2日 臨時総会-新運営委員承認、
    2月9日 オースチン大学准教授西山洋氏による特別授業「アタマのつくりかた」(宇田川校長夫妻出席)
    3月30日 第十二回卒園・卒業・終業式(宇田川校長夫妻、日本人会より豊福力也氏出席)
    4月6日 第十三回入園・入学・始業式(宇田川校長夫妻、日本人会より豊福力也氏出席) (在籍者数153名・教員12名・幼稚園年中から中3まで12クラス)
選択制算数・数学クラス(在籍者数79名・教員6名・小1-小6まで6クラス、勉強会3クラス)
    4月13日 定期総会
    7月26 ~
28日
オースチンにて全米南部地区補習授業校現地採用講師研修会を主催。オースチン補習校講師多数参加
     8月17日 講師および運営委員数名、ヒューストン日本語補習校「公開授業研究会」に参加
     10月5日 古本市バザー
    10月20日 運動会(宇田川校長夫妻出席)
    12月7日 悪天候のため休校 
   12月14日 臨時総会(校内ポリス正式導入決定、授業料改定)
2014年  1月25日 新年会(宇田川校長夫妻出席)
    2月1日 新入園児オープンハウス 
   2月2日 臨時総会-新運営委員承認、
   2月9日 オースチン大学研究員奥村夕子氏による特別授業「お天気の話」(宇田川校長夫妻出席)
   3月15日  12月17日の振替授業
   3月29日 第十三回卒園・卒業・終業式(宇田川校長夫妻、日本人会より春本洋一也氏出席)
   4月5日 第十四回入園・入学・始業式(宇田川校長夫妻、日本人会より春本洋一氏出席) (在籍者数136名・教員11名・幼稚園年中から中3まで11クラス)
選択制算数・数学クラス(在籍者数76名・教員7名・小1-中1まで7クラス、勉強会2クラス)
   4月12日 定期総会
   8月1~3日 ヤル―ソー先生と野口先生がオーランド補習校主催の全米南部地区補習授業校現地採用講師研修会に参加
    8月16日 講師4名、ヒューストン日本語補習校「公開研究授業等発表会」に参加
   8月23日 ダラス補習校の派遣校長による現地採用講師向けの巡回指導研修会
    10月4日 古本市・バザー
    10月19日 運動会(宇田川校長夫妻出席)
     12月13日 特別授業中止
2015年   1月10日 悪天候のため休校 (新年会延期)
     1月24日 新入園児オープンハウス 
    2月7日 臨時総会-新運営委員承認
    2月14日 新年会(宇田川校長夫妻出席)
   2月28日  悪天候のため休校
    3月7日 1月10日の振替授業
    3月21日 第十四回卒園・卒業・終業式(宇田川校長夫妻、日本人会より浜 志門氏出席)
宇田川校長退任
     4月4日 第十五回入園・入学・始業式(西山校長、宇田川名誉校長夫妻、日本人会より浜 志門氏出席) (在籍者数125名・教員10名・幼稚園年中から中3まで10クラス)(中2・3複式)
選択制算数・数学クラス(在籍者数63名・教員7名・小1-中1まで7クラス、勉強会1クラス)

西山校長就任
   4月11日 定期総会
   7月10~12日 井上先生がメンフィス補習校主催の全米南部地区補習授業校現地採用講師研修会に参加
   8月29日 ヒューストン補習校の派遣校長による現地採用講師向けの巡回指導研修会
    9月12日 古本市・ベークセール
    10月18日 運動会(西山校長、宇田川名誉校長夫妻出席)
    10月24日 悪天候のため休校 
   12月5日ベイラー大学准教授畠山賢一氏による特別授業「素粒子の話」(西山校長、宇田川名誉校長夫妻出席)
 2016年  1月23日 新年会(西山校長、宇田川名誉校長夫妻出席)
   1月30日 新入園児オープンハウス 
   2月6日 臨時総会-新運営委員承認、2016年度より授業料改定承認
    3月12日 10月24日の振替授業
   3月26日第十五回卒園・卒業・終業式(宇田川校長夫妻、日本人会より秋元健吾出席)
   4月2日第十六回入園・入学・始業式(西山校長、宇田川名誉校長夫妻、日本人会より秋元健吾出席) (在籍者数119名・教員11名・幼稚園年中から中3まで11クラス)
選択制算数・数学クラス(在籍者数72名・教員7名・小1-中1まで7クラス、勉強会2クラス)
   4月9日 定期総会
  7月29~31日 ボンド先生と佐保先生がサウスカロライナ日本語補習校主催の全米南部地区補習授業校現地採用講師研修会に参加
   9月10日古本市・ベークセール
   10月16日 運動会(西山校長、宇田川名誉校長夫妻出席)
 2017年  1月21日 新年会(西山校長、宇田川名誉校長夫妻出席)
   1月28日 新入園児オープンハウス 
   2月4日 臨時総会ー新運営委員承認、2017年度より授業料改定承認
   3月25日 第十六回卒園・卒業・終業式(西山校長、宇田川名誉校長夫妻出席)
   4月1日 第十七回入園・入学・始業式(西山校長、宇田川名誉校長夫妻、日本人会より山田貴大氏出席) (在籍者数123名・教員11名・幼稚園年中から中3まで11クラス)
選択制算数・数学クラス(在籍者数67名・教員7名・小1-中1まで7クラス、勉強会2クラス)
   4月15日 定期総会
   5月27日 セキュリティーコンサルタント(Scott Platzer) 安全対に関する策調査のため来校
    8月24日 悪天候のため休校 
   9月23日 海外子女・文科省派遣調査員来校
  10月22日 運動会(西山校長、宇田川名誉校長夫妻出席)
   11月11日 特別授業 (JAL 航空教室)、ベイクセール
   12月2日 幼稚園オープンハウス説明会、新入園児(4月入園)・新1年生(4月入学)受付開始
 2018年  1月20日新年会 (西山校長、宇田川名誉校長夫妻出席)
   1月27日2017年度幼稚部選考会 
   2月3日 臨時総会―次年度運営委員承認
   3月17日特別授業(化学実験教室) 
   3月31日第 十七回卒園・卒業・終業式(西山校長、宇田川名誉校長夫妻出席)
    4月7日第十八回入園・入学・始業式(西山校長、宇田川名誉校長夫妻、日本人会より蜂谷友和氏出席) (在籍者数131名・教員11名・幼稚園年中から中3まで11クラス)
選択制算数・数学クラス(在籍者数79名・教員7名・小1-中1まで7クラス、勉強会2クラス)
    4月14日定期総会
  8月17日~19日丸尾先生がマッカレン日本語補習校主催の全米南部地区補習授業校現地採用講師研修会に参加
    
(2018年8月)