運営委員会規約 
第1章   運営委員会の役割:オースチン日本語 補習授業校運営委員会(以下運営委員会と称する)は、「学校概要」に示された運営方針に基づいて年次運営計画(学校行事・対外実務等)を立て、校長及び顧 問に承認された後、日常の運営業務においてそれを実行し、学校運営全体を管理する。但し、中には「学校要綱」第3章「総会」で明記された手続きが必要なも のもある。
第2章   運営委員会の構成:
   第1条   運営委員会は、本校に在籍する児童・生徒の保護者の中から選出された委員長・副委員長・会計(副委員長)・総務・渉外・算数科担当各1名の、計6名より構成される。但し委員長以外は、各年度の情況により、2名以上選出することができる。
  第2条  運営委員会の議決権は、各職務につき1票とする。
第3章  

運営委員の選出:次期運営委員は、在任運営委員が、立候補者あるいは推薦された人の中から、委員長・副委員長会計(副委員長)・総務・渉外を選出、その後に算数科担当を選出し、総会で信任投票を受ける。

第4章   運営委員の任務:授業日当日は学校事務局に最低1名は常駐し、諸連絡ほか緊急時に備える。
 第1条 委員長:委員長は運営委員会を代表し、総会の招集・契約締結業務・ヒューストン総領事館との諸連絡を含む対外業務を行う。
 第2条 副委員長:副委員長は委員長の業務を補助する。委員長不在時には代行する場合もある。
 第3条 会計:会計は、本校の財産を管理し、予算案・決算報告書の作成を行う。
 第4条 総務:総務は、本校のホームページを管理すると共に、諸届出用紙・文書の作成、及び管理を行う。又、補習校内・外との相互連絡等、一般事務を行う。
 第5条 算数科担当:算数科担当は算数に関する業務の責任を持つ。補習校全体に影響のある項目に関しては議決権を持たない。
第5章   運営委員の任期:運営委員の任期は1年とし、半年ごとに半数が交代する。委員長、会計の任期は、4/1~3/31の1年、その他の役職の任期は、状況に応じて4/1~3/31もしくは10/1~9/30の1年とする。再任の際は、総会での信任投票を受ける。
第6章   運営委員の解任:運営委員が不適格と認められる場合には、総会構成人員のうち1/2以上の署名を以て臨時総会を招集し、信任投票を行う。その結果2/3以上の不信任となれば、解任を行う。
第7章   運営委員の欠員の補充:自己都合による退任や、臨時総会での議決による解任があった場合は、速やかに新委員を選出する。
第8章   運営委員の交代:運営委員の交代の際には、引き継ぎを確実に行い、学校運営業務に支障が出ないよう配慮する。
第9章   運営委員会の成立条件:委員のうち、2/3以上の出席で委員会は成立する。
第10章   運営委員会決議の成立条件:出席者のうち、2/3以上の賛成で、決議は成立する。
第11章   運営委員会の業務内容
 第1条 総会の承認が必要なもの:総会出席者の2/3以上の賛成を以て承認されるものとする。
  ① 幼稚園部・高等学校部等、併設の可否
  ② 予算の立案・決算報告
  ③ 授業料など、諸費用の改定
  ④ 本規約の変更・廃止・追加
  ⑤ 学校要綱条文の変更・廃止・追加
  ⑥ 運営委員選出・再任・解任にあたっての信任投票
 第2条 総会の承認を必要としないもの
  ① 教員採用・免職などの人事管理
  ② 契約の締結などの対外業務
  ③ 設置学年・学級編成の見なおし
  ④ 児童・生徒の退学措置
  ⑤ 行事計画の立案・実施
  ⑥ 保護者による部会の招集・統括
  ⑦ 総会の開催
  ⑧ その他
第12章   運営委員会の開催 
運営委員長は、必要に応じて運営委員を招集し、運営委員会を開催する。運営委員会の開催にあたっては、運営委員のほかに校長・顧問・その他外部の識者を招集することができる。これら運営委員以外の出席者については、議題決定権を有さない。
第13章   業務上知り得た個人情報を、原則として公開しない。


(付則)本要綱の改定には、総会出席者のうち、2/3 以上の賛成を必要とする。
改定:2002.2.14 「第2章」「第4章・第4条」書記を削除。
「第4章・第5条」総務を第4条とし、仕事内容を変更。 

改定:2007.11.10   

「第5章」運営委員の任期を変更。

改定:2009.2.7

「第13章」守秘義務の一文を追加。
改定:2011.11.12    「第2章」「第1条」 渉外・算数科担当を追加。
「第2章」「第2条」 議決権を明記。
「第3章」 算数科担当を含めた運営委員の選出方法に変更。 

「第4章」「第5条」 算数科担当の仕事内容を追加。
改定:2013.5.11 「第3章」 内容が正確にわかりやすい表現に変更。
(2013年5月11日)